BiteBTCデータセンターで火災 復旧に時間要すか

スポンサーリンク

先ほど、BiteBTCより、先日来の不具合に関してアナウンスが発表されました。

アナウンスによると先日来の不具合の原因はデータセンターの火災であり、ウォレットは無事であるものの、一部のユーザーの取引履歴等のデータが失われていることが明らかとなりました。

On January 1, 2019, a fire occurred in the data center where the exchange servers are located, as a result of which part of the data on the main and backup servers was destroyed.

All crypto coins wallets are safe, but we need time to restore the balance sheets and trading history of about 7% of traders from earlier backups.

We ask to fill in the form to the support service with the indication of your recent transactions and operations with wallets.

We apologize and ask to treat this situation with understanding.

BiteBTCアナウンスより引用

以下、SanDeGo情報ポータルにて翻訳

2019年1月1日、取引所のサーバーが設置されているデータセンターで火災が発生しました。その結果、メインサーバーとバックアップサーバーのデータの一部が失われました。

すべての仮想通貨ウォレットは助かりましたが、バランスシートと約7%のトレーダーの取引履歴を以前のバックアップから復元する為に時間を要します。

最近の取引履歴と、ウォレットを使った操作を添えてサポートサービスへのフォームに記入して頂くようお願い致します。

このような状況を理解してお詫び申し上げます。

ユーザーに取引履歴や操作等の記録を提供するように呼び掛けている内容ですが、具体的に対象が誰で、どのような内容・範囲の情報を提供する必要があるのか、また復旧に向けた道筋等はまだ示されておらず、今後の進展が注目されます。

SanDeGo情報ポータルと致しましては、引き続き情報収集に努めるとともに、随時状況をご案内して参ります。なにか情報がありましたら、Twitterや連絡フォーム宛にご連絡頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。