アドサービスって何だろう!? アザ子がきいてみた!(アドバタイザ編)

スポンサーリンク

アドサービスってなあに!? アザ子がきいてみた!(アドバタイザ編)

AlphaAdServiceのオープンテストがついに開始!ノリノリで発表記事をぶち上げたKatsuoでしたが、なにやらアザ子の反応がおかしいような…?

カツオ編集長:
AlphaAdServiceはじめましたー!わー!!

アザ子:
わ、わーぁ…え、え~っと?

おやおやアザ子くん、どうしたんですか?
アルファグループの新サービス、「AlphaAdService」に驚きを隠せないようですね!さあ、感想を言ってごらん!

う、うーん…えっとね…
ぜんぜん意味わかんないんだけど!

え、ちょ、ちょっとまって、何が意味わかんないの!?

んー・・・ぜんぶ・・・かな?

・・・わかりました。
これは私の説明不足ですね…。よし、何でも聞いてください!

このシリーズではAlphaAdService(アドサービス)ってなあに!?なアザ子の質問にカツオ編集長が答えていきます♪

この記事でわかること

そもそもアドサービスってなに? アドバタイザってなに!?

とりあえずー、アドサービスってなあに?

そうなりますよね(笑)
一言でいえば、自分のサイトやブログを宣伝したい人や、逆に自分のサイトやブログに宣伝を載せてあげて報酬をゲットしたい人に向けたサービスです。
そしてアドバタイザっていうのは、自分のサイトやブログを宣伝したい人、つまり広告主となる人のことですね!

なるほどー!
アドバタイザってお酒の名前じゃなかったんだね!

それはバド〇イザね…

広告を出すとどんないいことがあるの?

じゃあさ、アドバタイザになるとどんないいことがあるの?

それはもちろん、自分のコンテンツを大勢の人に知ってもらえるかもしれないという事ですね。
たとえばこのSanDeGo情報ポータルにも広告がありますよね。PCだと画面左側に四角いのがいくつか。このような形で色んなサイトに広告を出せるようになるイメージです。なんとなく大勢の人の目に入りそうな気がしませんか?

ほんとだ!
せっかくつくったものは色んな人に見て欲しいし知って欲しいもんね!

ですよね!
アドサービスではサイトやブログだけじゃなくてYoutubeチャンネルやその他のクリエイティブなコンテンツの宣伝も大歓迎ですよ!

広告を出すのってなんだか難しそう…?

でもさ、広告を出すっていうと、なんかちょっと難しそうかも…

全然そんなことないですよ!
アドサービスで広告を出すのに必要なものは2つだけ。
広告画像宣伝したいURLだけです!

え、それだけでいいの!?

はい。それをアドサービスのサイトにある専用フォームに書いてポチっとするだけで申込は完了です♪

でも、お高いんでしょう…?

でもさでもさ!広告主っていうくらいだから、お金とかかかっちゃうんじゃないの…?

ふっふっふ…いい質問ですね!
なんと無料でもバンバン使えちゃうんですよ!

えー!タダでも宣伝してくれるの!?なんでー???

まず、今はオープンテスト特典として広告を登録してくれた人に広告表示10,000回分のアドポイント(ADP)をプレゼントしているんです!
その特典が終わったあとも、アルファフォーセットで貯まるいろんなポイントをADPに交換できたり、詳しくはまた今度紹介しますが広告を載せる側になることでADPが貰えたり、とにかくADPを無料で手に入れる方法がたくさん用意されているんですよ!

わーい♪
アドサービス、だーいすき!!

申し込みはどうすればいいの?

さっそくアザ子のブログを登録してみようかな!
どうやったらいいの?

まずは看板となる広告画像を用意しましょう。画像編集ソフトを持っていない人はfotorなどの無料サービスを使うのも手ですよ。

それからそれから!?

広告画像ができたら、あとはこちらのページから申し込むだけです!

AlphaAdServiceの広告申請画面。アカウントはアルファフォーセットと共通ログインなので便利。

広告画像のファイルを選んでー、タイトルとURLを入れてー、どんなコンテンツかを書くだけ?

ちゃんと広告ルールを確認して、チェックもして下さいね。で、最後に「広告を申請する」ボタンを押せばお申込み完了!

できたー!
ほんとに簡単だったね!

おつかれさまでした!
アドサービスは段階的に機能を公開していきます。今は申請まで。数日後にはまずアルファフォーセット内で広告の配信を始めたり、ポイント交換ができるようになったりしていきます。

「自分のサイトに宣伝を載せてあげたい人」向けの機能も?

「メディアパートナー」さま向け機能ですね!もちろん!
そこまで全部そろって初めてアドサービスの本領発揮ですからね!次回のこの記事では、その部分をご紹介していきたいと思います。

アドサービスはまさにこれから!って感じだね!

はい。至らない点は多々あると思いますが、ぜひ多くの皆さんに使っていただきたいです。お申込み、お待ちしております!

みんなも気軽に参加してみてね!
ばいばーい!

スポンサーリンク