CREX24 Koto入出金停止が長期化 アップデート待ちか

スポンサーリンク

CREX24 Koto入出金停止が長期化 アップデート待ちか

国産コインKoto(コト)の主要取引所であるCREX24で、Kotoの入出金停止措置が長期化しています。

CREX24では4月28日の入出金を最後にKotoのDeposit statusとWithdraw statusがOfflineとなり、ユーザーは入金も出金もできない状態のまま半月以上が経過してしまいました。

この状況についてKoto運営チームからの公式のアナウンスはまだありませんが、コミュニティのユーザーがCREX24に問い合わせをしたところ、アップデートの順番待ちの状態であるとの回答を得られたことがわかりました。

After several attemps to contact Crex24 I received an email yesterday that Koto is in the update queue.
(CREX24に何度か問い合わせたところ、昨日、Kotoはアップデートの順番待ちの状態だという回答を得ました。)

Discord Kotoコミュニティの投稿より引用(当方で意訳)

アップデートと入出金停止の関係とは

アップデートの順番待ちとはいったい何のことでしょう。また、それと入出金停止とはどのような関係にあるのでしょうか?

まず大前提として、仮想通貨取引所を含めて仮想通貨決済を取扱う多くのWebサービスのサーバでは、背後でそのコインのウォレットアプリが稼働しています。

意外に感じる方もいるかもしれませんが、サーバの構成によっては一般ユーザーが使用しているのと同じQTウォレット(一般的に目にするビットコイン系コピーコインのデスクトップウォレットはだいたいこれ)をWindows環境で稼働させている場合もあります。
(操作性が良く、管理しやすいため)

そうしたウォレットアプリが正しく稼働している間は良いのですが、何か問題が発生するとサービスの入出金ができなくなるのです。

Kotoは仮想通貨「Zcash」を元に開発されたコインで、同コインの仕様を踏襲してKotoウォレットアプリにはそれぞれのバージョンに応じたサポート終了ブロック高「end-of-support (Deprecation)」が設定されています。

そのため、Kotoのブロックチェーンがそのブロック高に達すると、新しいバージョンのウォレットアプリをインストールしなおす必要があるのです。そしてこの作業は数か月に一度の頻度で行わなければなりません。

恐らく、CREX24のKotoウォレットはこの期限に抵触してしまったと考えられます。

では、アップデートの順番待ちとは何でしょうか。

これについてはCREX24の内部事情ですのではっきりとしたことはわかりませんが、恐らく技術担当者のタスクが山積みになってKotoウォレットのバージョンアップ作業にまで手が回っていないのかもしれません。

また、CREX24の所在地はキプロス共和国とされていますが、運営母体はロシアにあるともいわれています。現在、同国はコロナウィルスの感染が急速に拡がっていることから、コロナウィルス対策によって保守作業の一部が縮小している可能性も考えられるかもしれません。

いずれにしても、いつでも売買できることが仮想通貨の楽しみの一つです。

一日も早い復旧を願うばかりですね。

スポンサーリンク

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。