神奈川県 全国初の仮設病院が建設開始

スポンサーリンク

神奈川県 全国初の仮設病院が建設開始

神奈川県は24日、新型コロナウィルス感染症の中等症の患者を受け入れるための仮設医療施設の建設を開始した。同施設は藤沢市「湘南ヘルスイノベーションパーク」の敷地内にプレハブ平屋建てで建設され、中等症患者向けの約180床が整備される予定。

神奈川県は東京都・大阪府に次いで全国で3番目に多い感染者数を抱える中、「神奈川モデル」として重症患者、中等症患者等の人数に応じた医療体制を構築していく計画を進めており、仮設医療施設はこのうちの中等症患者を受け入れる「重点医療機関」の位置付け。

新型インフルエンザ等対策特別措置法では都道府県知事の権限で臨時の医療施設を設置できると定められており、全国で初めてこの規定を活用した形だ。

医療施設は5月上旬から7月にかけて、順次稼働していく見込み。

スポンサーリンク