富士フィルム 「アビガン」大幅増産を発表

スポンサーリンク

富士フィルム 「アビガン」大幅増産を発表

富士フィルム株式会社(本社:東京都)は15日、新型コロナウィルス感染症の治療薬として期待されている抗インフルエンザウィルス薬「アビガン」(一般名ファビピラビル)の増産を開始したと発表した。

今後段階的に生産能力を拡大し、7月には約10万人分*/月、9月には約30万人分*/月の生産を実現するという。これは現在の生産量の実に7倍にあたる。

原料メーカー含め生産体制拡大、 国の支援策が奏功か

「アビガン」は国内ではもともと抗インフルエンザ約として製造販売承認を取得いたが、コロナウィルスに対しても効果が期待されることから臨床試験としての投与が開始されている。

国は従来からインフルエンザが蔓延する事態への備えとしてアビガンを大量に備蓄していたが、7日に決定された緊急経済対策では備蓄量を3倍の200万人分*に増量することを決め、増量分を確保するために「アビガン」増産に関わる設備投資の全額を補助する方針を打ち出していた。

富士フィルムはグループ内の生産設備を増強し、原料メーカー等とも連携して増産を実現したとしており、国の補助と備蓄方針が早期の増産を後押ししたものと見られる。

アビガンは富山大学と富士フィルムが共同開発し、国内では2014年にインフルエンザ薬として条件付きの製造販売承認を取得した。コロナウィルス薬としての臨床試験については現在、日本の他にアメリカでも実施されている他、中国でも現地企業が富士フィルムの製造特許に抵触しない形で生産した類似品の投与が行われている。

(*コロナウィルス治療として想定される一人当たり14日分の投与量から算出)

スポンサーリンク