オープン&IEO情報 仮想通貨取引所「AMANPURI」とは

スポンサーリンク

オープン&IEO情報 仮想通貨取引所「AMANPURI」とは

仮想通貨取引所「AMANPURI(アマンプリ)」をご存知ですか?
知らない方も多いことでしょう。なにせこの取引所、オープンしたばかりなんですから。

1月に横浜で開催されたJapan Blockchain Conference 2019にも出展していたAMANPURI。オープンに向けて今年が飛躍の年になるのか。今注目の新興取引所だ。

今日は仮想通貨取引所「AMANPURI」と、その取引所トークンとなるAMALのIEOについてご紹介したいと思います。

仮想通貨取引所「AMANPURI」とは

AMANPURIはまだオープンしたての新しい取引所ですが、注目すべきはその野心的なコンセプト。

レバレッジ取引に強いことから世界最大の取引高を誇るBITMEX、そして洗練されたUIや独自トークンでの割引制度等によって世界最大の登録者数を誇るBINANCE。

この2大巨頭の持つ特徴を両方合わせ持つ取引所、それがAMANPURIの目指している姿なのだといいます。

こちらはAMANPURIによる日本語の解説動画なのですが…なるほどこれは確かに、BITMEXとBINANCEの特徴を1つにまとめた感じですね!

動画の要旨をまとめると、AMANPURIの主な特徴以下のようになります。

AMANPURIの特徴
  1. レバレッジ最大100倍
  2. アルトコインもレバレッジ取引が可能
  3. もちろん現物取引も可能
  4. 取引所トークンAMAL利用で手数料が半減、配当もあり
  5. 充実したサポート、高いセキュリティ

1.レバレッジ最大100倍

レバレッジ取引は日本国内の仮想通貨取引所では規制により最大4倍までに抑えられていくことが予定されています。もちろん、投資家保護の観点からそのような規制が設けられるわけですが、リスクを取りたい人からすると選択肢が狭められてしまっているのも事実。

海外取引所であるAMANPURIにはその規制が適用されません。 最大100倍まで設定できるというのはBITMEXと並んでかなり破格の部類になりますから、レバレッジを大きく効かせたい人には必見の特徴と言えますね。

2.アルトコインもレバレッジ取引が可能

レバレッジ取引に関してAMANPURIが優れている点は倍率だけではありません。

AMANPURIではレバレッジ取引をBTCに限定しているBITMEXと違い、 BCH、ETH、XRP、EOS、ADA、LTC アルトコインでもレバレッジ取引が可能だといいます。通貨の選択肢が多いというのは大きなアドバンテージになりそうですね。

3.もちろん現物取引も可能

AMANPURIではレバレッジ取引のみでなく、BINANCEのように現物取引も可能です。BITMEXでは現物取引はできませんから、この点で大きな差別化を図っているようですね。

4.取引所トークンAMAL利用で手数料が半減、配当もあり

BINANCEが取引所トークンとして「BNB」が発行されているのは有名ですが、AMANPURIでは取引所トークン「AMAL」が発行されます。

このAMALを保有することで、なんとレバレッジ取引手数料が半額に割引されるのだそうです。ただでさえ倍率を掛けた取引なわけですから、手数料の違いは大きな要素となります。

AMALは他の仮想通貨と同様に取引所で売買できる他、各通貨の余った端数を一括でAMALに交換する機能も容易されています。取引・送金の最小単位以下の端数が残ってしまってもったいないなと感じたことが、誰にでもあるはず。

その問題まで解消してくれるのですから、至れり尽くせりですね。

4.充実したサポート、高いセキュリティ

AMANPURIで予定されている取引面での機能・サービスについてご紹介しましたが、もう一つ気になる大事なポイントがありますよね。

海外取引所だからこそ余計に気になるのが、サポートとセキュリティです。

まず、サポートに関してはどこの取引所でもあるのがメールサポートですが、なかなかすぐに返事が貰えなかったりして不安になってしまうことも多いですよね。

AMANPURIではメールに加えて多言語電話サポートも用意されるそうです!電話が苦手な方向けにはチャットのサポート体制も整えていくとのことですから、いざという時に安心できそうですね。

セキュリティに関しても、マルチシグやコールドウォレット、カストディアンと提携した分別管理など、一般的なセキュリティ対策はしっかり講じられているようです。また、万一の盗難に備えて毎月の売上の5%をプールしていくことで、顧客資産100%の保護を可能とするとしています。

取引所トークン「AMAL」のプレセール・IEOと特別配当について

さて、取引所トークン「AMAL」を保有することでレバレッジ取引手数料が半額になるのは先述の通りですが、実はAMALのメリットはそれだけではありません。

なんと、12500AML以上の保有者は、保有率に応じて取引所利益の一部を配当として年2回を受け取ることができるのだそうです!

これはプレセール・IEOでAMALを購入した人限定の特典とのことですので、新興の海外仮想通貨取引所に投資してみたい人には耳よりな情報ですね!

なお、7月20日からは下記の取引所でAMALトークンのIEOが実施されている模様です。

また、 8/10 日本時間17時からは更に下記の取引所でもIEOが開始されるようです。

<8月8日速報追記!>
販売所
$0.08+ボーナス
ロックアップ有り

biki
$0.12
ロックアップなし

ハードキャップが2万ドルですので、一日もしくは2日などで終わる可能性あります。 

まとめ

今回はオープン前の仮想通貨取引所「AMANPURI」についてご紹介しました。

BITMEXとBINANCEの特徴を兼ね備え、CROSSEXCHANGEのような配当システムもある取引所が誕生するとなれば、かなり期待を集めているのも頷けますね。

AMANPURIの今後の発展に注目です!

関連リンク
この記事は仮想通貨に関する情報提供を行うことを目的としており、公開された情報をもとに掲載しています。投資を推奨したり、信用性を担保したり、いかなる断定的判断を提供するものでもありません。投資に際しては自己の責任でご判断ください。

スポンサーリンク