話題の取引所 CROSS exchangeとは

スポンサーリンク

こんにちは!今日も順調にPOSしてますか?

POS教信者なkatsuoとしては、マイニングといえばPOS!

電気代をバリバリ浪費してけたたましくファン音を轟かせながら部屋中に熱気を漂わせるパワフルなPoWマイニングリグとは1年前に決別してしまったわけですが…

最近気になるキーワードがあります。

取引マイニング。

取引で…マイニング?

Twitterで調べてみると、出るわ出るわ。

どうやら最近は仮想通貨取引所 CROSS exchangeというキーワードと一緒に出てくることが多いようです。そこでCROSS exchangeについて調べてみると…

https://twitter.com/yuukiiioo/status/1122624609554026496?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1122624609554026496&ref_url=https%3A%2F%2Fmiha5.com%2Fpreview_cross.html
https://twitter.com/harukananami310/status/1122323585492590593?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1122323585492590593&ref_url=https%3A%2F%2Ffree-crypto.hatenablog.com%2Fentry%2F2019%2F05%2F01%2F080423
https://twitter.com/usotuski_9/status/1122452974326784000

配当金!? お金が働いてくれる!?

なんだかどのツイートもなんとな~く…
とても景気がよろしい感じが漂ってくるではありませんか!

これはなんとも…気になりますね!?ということで、じっくりその仕組みを調べてみました!

目次

CROSS exchangeとは

CROSS exchangeはアゼルバイジャン共和国を本拠地とする仮想通貨取引所で、2018年11月に同国のライセンス第一号として開設されました。

取扱銘柄としてはBTC/ETH/XRP/BCH/USDTなどの主要通貨のほか、国産仮想通貨からはMONA、そして同取引所が発行する独自トークンXEXなど、数十種類がラインナップされています。

ここまでは普通の海外取引所といった雰囲気ですが、嬉しいことにこの取引所、完全に日本語対応されていますので、日本人にも利用しやすいです。

広報活動などから垣間見るに、運営スタッフには相当数の日本人もいるようですね。

そして、なんといっても大きな特徴として挙げられるのが、CROSS exchangeでは冒頭で触れた「取引マイニング」ができるという点のようです。

取引マイニングで収益ゲット

PoWマイニングは処理量に応じて、PoSマイニングは通貨の保有量に応じて仮想通貨を得ることができますが、取引マイニングでは取引所での取引に応じて仮想通貨を得ることができます。

CROSS exchangeの場合は、同取引所でBTC等を売買した際に一旦支払った手数料が、市場価格に基づいてXEXに換算されて100%~130%そのユーザーに戻ってくるのだとか。

つまり、取引手数料が実質無料もしくはそれ以上ともいえる状態になるわけです。

しかし賢明な読者の方ならここですぐに疑問が頭をよぎることでしょう。

「それって、XEXの価格がどんどん下がってしまわないの?(売られ続けるのでは?)」
「XEXの買い手はいるの?(需要はあるの?)」

そこに対する答えはすぐに見つけることができました。
どうやら、収益分配プランというものが肝のようです。

<次ページへ続く …「収益分配プラン・自動マイニングも」

スポンサーリンク