CREX24 SanDeGoの入出金承認回数を緩和

スポンサーリンク

エストニアの仮想通貨取引所CREX24において、SanDeGoの入出金に必要な承認回数が引き下げられたことが確認されました。

アルトコインを全体的に引き下げか

今回、SanDeGoを含めた複数のアルトコインで引き下げが確認されており、個別銘柄としてではなく全体的な見直しが行われたものとみられます。

SanDeGoの入出金に必要な承認回数は上場直後は8回に設定されていましたが、他の仮想通貨での脆弱性攻撃などの影響もあってかアルトコイン全体が段階的に引き上げられ、昨年末のSanDeGoの必要承認回数は200回になっていました。

この回数は、ブロックチェーン上で「その入出金を記録しているブロック」が何回承認されたら取引所上で使用可能にするかを定義しているものです。そのため、回数が大きければ大きいほど「巻き戻し」に対する耐性が上がることを意味します。

一方で、SanDeGoの場合はブロック生成間隔が60秒ですので、200回の承認が行われるには200分(3時間20分)も待つ必要があり、ユーザーを悩ませていました。
125回という設定によって、従来より待ち時間が1時間以上削減されたことになります。

依然、長時間に変わりなし

とはいえ、SanDeGoのような高利率PoS通貨においてはユーザーはできるだけコインを取引所ではなくウォレットに置いておきたいもの。そんな中、いざ相場を売り時と見たときにすぐに入金して対応したい人もいることでしょう。125分というのはまだまだ長いといえそうですね。


アザ子:悪い人がいなければ取引所も安心して引き下げれるのにね

かつお編集長:仮想通貨のコンセプトは自由と非中央集権的であることですが、それは決して無法や無秩序を奨励しているものではありません。行き届いた法秩序の中で、仮想通貨がしっかりと社会に浸透・発展していく環境が望まれますね。